リンパマッサージは体調不良も改善してくれます

マッサージには水分マッサージの種類は様々ですが、体中のどこがつらくわからない場合や足などのむくみがあるときには特にリンパマッサージがお勧めです。リンパマッサージは、血流が悪いところを改善し全身のつらさを解消していくれます。

 

リンパマッサージをした後は十分な水分補給が大切です

リンパマッサージは、身体の中の毒素を体外に排出する作用があります。

そのため、マッサージ後排泄量が増えることもよくあり、十分な水分補給をしなければ脱水や体調不良を起こす危険性があります。

また、日常的に自分ではもむことのできない深部であるリンパをマッサージするため、身体の中で拒絶反応を起こしてしまい、初めは倦怠感を訴える人もいます。

しかし、それほどの毒素を体の中に潜んでいるということであり、その毒素を体外に放出することでその後体調が改善され過ごしやすい日常を送ることができます。

さらに、リンパマッサージを行い血流を良くすることで、肩や首のコリが出現する頻度が軽減されマッサージに行くよりも長く体調改善を維持することができます。

 

リンパマッサージと通常のマッサージを上手に利用してください

うちだ接骨院では、リンパマッサージの場合、通常のマッサージより間隔をあけて行うことをお勧めしております。
通常行う治療は週に2~3回が目安となりますが、リンパマッサージでしたら2週間に一度程度にしておいてください。

リンパマッサージは血流から改善していくため、頻回に施術しなくても身体が楽な時期が長くなります。そのため、2週に1回ペースでも効果を期待できます。
また、体内の毒素を排出することができさらには、むくみの改善や体調不良の改善がすぐに実感でき身体の健康に効果的となっています。

また、頻回に施術することで体の中の血液循環を自力でできなくなることもあり、血液循環を整えるという意味でも多くても1週間に一度が目安となります。

このように、リンパマッサージを施術は通常のマッサージに比べ多少痛いこともありますが、その分効果は他のマッサージよりもあります。

リンパマッサージ

血液の疾患がある場合はマッサージはできないことがあります。

リンパマッサージは、血流を良くするため血液疾患があり血液をサラサラにするお薬などを内服している場合、その病気が悪化してしまう可能性があります。そのため、血液疾患がある場合には施術者と相談し医師の診断の元実施することが可能となります。血液の循環を良くすることで、体内の血栓が体の中で動いてしまい脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまう可能性もあるため、身体の不調が内臓機能にもある場合には必ず医師の診断を受けることが重要です。

医師の診断の元内臓的に問題がない場合には、リンパマッサージは全身の不調を整え体を楽にしてくれます。冷え性や頭痛等をお持ちの場合、肩こりから来ているものであれば問題なく施術可能なことが多くどこからその辛さが来ているのかということを理解しておくことも重要となります。